食物連鎖の頂上で考える


海

  何年も前のテレビでだったか、新聞でだったか、都内二十三区内から外科の個人診療所が激減して今や数軒になってしまったと言っていた。経営が成り立たなくなってしまったからであると。疾病構造の変化によるところからだと。例えば以前は、そのような開業医でさえアッペのオペだけで年間百例以上だかあったのが現在では数例も無いと。そう言われてみれば我々が子供の頃は「誰それさんが盲腸の手術で入院した」とは日常の出来事であった。虫垂炎の手術は激減したのである。それはあたかも我々の世界の齲蝕の激減に似ているかもしれない。理由は何によるのかについて報道していたような、あるいはわたくしがそれ以前から既知であったことと重なってしまっているのかが今や定かではないのであるが、続けてみよう。



  諸君もご推察のとおり、この事実は、どうも人体の方が感染症や炎症に対して抵抗力を持ってしまっているからなのであろうと想像される。現在、食用の魚介類や精肉、これらが天然物でない場合、養殖場や畜産場においての大量の抗生剤が使用されている実例について色々な所で論ぜられている。養殖とは当然、過密に飼育されるのだ。それゆえ動物相互間での感染症からの予防がどうしても必要になる。そのためにエサに混ぜられた抗生剤が。そしてそれ以前にさえ、害虫雑草に対しての殺虫剤除草剤が。そしてそれらは順に食べられたりして、その食物連鎖の頂上に君臨する、我ら人間。連鎖は最終的に、この我々の体内に至って終わると。そして抗生剤もこの人体内において凝縮残留されつつ終わると。


  前述したことで示唆されるとおり、体内の残留抗生剤濃度がアッペの症例数に関係あるのではなかろうか。ということになると、当然それは全身の他の臓器に対しても同様な結果を呈するであろう。たとえば、今のわたくしは、自身子供の頃であったのならすぐに大きなオデキになるようなことに出会っても腫れることもなく途中で終わってしまうようにも感ずる。(いや、これは単に老化による生体のニブくなった反応か?)その伝にて言うのであれば、我が国での齲蝕の激減もあるいはそうだったのではないか?あまりにもそれらしい原因とおもわれる要因があまたあったので、目くらましに会って、気づいていない場合もあるかもしれない。今や齲蝕がリッパな感染症であることは周知の事実で、誰でもが知っている。ムシ歯以外は当然感染症に対してそれ以前からわれわれは感染根管への3?MIXなどの抗生剤療法もやってきた。そして今やムシ歯がうつるからと母子の濃厚な接触を避けるべきというバカバカしき言説が一部まことしやかに一人歩きし出してもいる。肉体と精神とのどちらが大切かは言うまでもなかろう。先進国のような比較的キレイな環境にあっては、齲蝕のような軽微な感染症に関するごとくは、ほかに考えられる重篤な感染症でもない限り、予防は清潔の範囲にとどめて免疫力を高めるという考えに徹するべきである。息子も言っていた。旧満州の瀋陽で医学会があったと。するとまず下痢を起こすのは日本人。次に欧米人。当然ながら当の中国人は平気であったと。


  そもそも我々日本人はまったくもってセクシーではない。親子どころか恋人同士であってさえ、あまり濃厚なる接触を好まぬフシがうかがえる。我々はここいらへんで心をいれかえて、もっと濃密なる人生を味わおうではないか!で、話はかわるが、齲蝕の激減は体内の残留抗生剤による可能性もあるのだろうか?もしそうだとすれば、胃の中のピロリ菌の除菌のように、重篤なムシ歯罹患患者に対しては特定の抗生剤の全身投与あるいは局所投与による除菌の可能性も考えられるだろう。まあそんなことなどは、しないほうにわたくしは組したいものだが。そしてそれよりも人体の入口の口腔に、自然治癒能力を有しないただ一つの臓器があるということによる、過去の生活歴の記録装置が存在するという意義をようく考えたほうがよい。そのほうがどれだけ我々の職種は、肉体だけではなく精神も通して人のお役にたてるかと思うのである。



  ‹戻る›